ポイントは真善美。統合顧客管理の「とある哲学者」(=私)のコラム記事

「統合=システム+こころ」で行う顧客管理

海外の言葉を日本語に訳している場合も多々あり、中々定義が分かりにくいものもありますよね。特に用語は「文章の流れにより意味を把握する」点で定義は参考程度としておくのが無難です。顧客の満足度の向上を読みかえると「売り上げなどの物質的な要素の他に気持ちの要素が必要」ということになりますので、総合的なお客様管理として考えていきましょう。大切なのは、システムと口コミとニーズだと言えて、現代の哲学が示す通り「科学と文化と心」のことですね。

数値化できない統計。お客様の心に響く「ひと工夫」を

統合的ではない顧客管理の例としては「売り上げなど外形的な意味での科学的要素でしか統計把握できない領域のみに注目する」営みですね。なぜかと言いますと、刻々と変わる人々のニーズやその個々人のディープな意見を無視することになるからです。特に「おいしいパスタが食べたい」を安易に解しますと「パスタの味を改良すればいい=科学領域」となりますが、実際大切なのは「なぜおいしいパスタを食べたいと思ったのか=文化や心の領域」を含むことであって、幸せが広がっていくような「ひと工夫」が必要というわけですね。

抽象的な経営言葉を「内面包含的な経営言葉」に変換!

顧客管理自体は「科学領域の経営分野の言葉」ですね。これは無味乾燥したニュアンスを含みます。意識としては「お客様の気持ちから来る美意識に対しての気配り」「大衆の中で話題になっているイケてる店としてふさわしい配慮とは?」と言いかえると「心の領域・文化領域」それぞれの経営分野の言葉にすることができ、あなたの内面の意識もリフレッシュすることでしょう。このように、近代哲学の発見した「真善美」を経営に応用する世界中で主流のマーケティング方式を取り入れることで、豊かな社会を築き上げることができるのです。

統合顧客管理の大切さについてこだわりたい場合には、定期的にアンケート調査などを実施することが有効です。