普通のホームページではダメ!SEO対策を考慮しよう

普通に作っても人は集まらない

ホームページを作成してWEB上に掲載させるときには、必ずSEO対策を考えなくてはいけません。SEOは検索エンジン最適化の略称のことを指し、簡潔に述べると検索エンジンの上位に掲載させるための特殊な手法のことを意味します。検索エンジンでキーワードを打ち込むと、関連するサイトがどんどん出てきますよね。あれは、検索エンジンが独自の基準で順位を付けて差別化を図っているからです。普通にホームページを作ってもSEO対策はできないので、まずはこの基本を理解しておきましょう。

人ではなく検索エンジンに見てもらう

ホームページでSEO対策をするために基本は、まずは人ではなく検索エンジンにサイトの評価を判断してもらう必要があるということです。WEBに存在しているあらゆるサイトは、検索エンジンのアルゴリズムによって的確に判断されています。ですから、その基準から逸脱する評価の低いサイトは検索エンジンの上位に来ることができません。ユーザーから見て美しくて綺麗なサイトであっても、検索エンジンから見れば情報が整理されていないわかりにくいサイトではダメだということを知っておくことです。

主張したい箇所を明確にする

検索エンジンの上位の掲載を目指す際には、主張したい箇所をSEOの観点からきちんと主張しなくてはいけません。例えば、ホームページを作成する際にはタグを利用することになりますが、特定のタグを利用すれば文字列を強調することによって検索エンジンにそのキーワードが特別に主張したいものであることを訴えることができます。検索エンジンのアルゴリズムは単純な文字列のみを見て評価を判断していますので、機械的な基準でも良いのでわかりやすい対策をすることが大切です。

ホームページ作成とSEOの重要度は、ここ数年のうちにますます注目されており、検索エンジンの仕組みを正しく理解することが大切です。