あまり聞いたことのない営業代行ってどんなの?

うちの会社の営業あなたにまかせます!

工場の配送やバックヤードをまるごとアウトソーシングするって話はよくありますよね、でも営業をアウトソーシングってのはそんなに例はないのではないでしょうか?第一営業っていうのは会社の第一線でたたき上げの生え抜きがやるっていうイメージで、。愛社精神たっぷりでコミッションに目を血走らせて土曜日曜お構いなしのハードワークって感じですが。その会社の中核部分をアウトソーシングするなんて全く面白いですね。目から鱗です。

営業以外に集中しましょう

もし仮に自社社員でなくてアウトソーシングしてうまくいくのならこんなに素晴らしいことはないですよね。一人前の営業を育てるのはかなりの大きなお金と、労力、そして時間がかかります。要は売れればよいのですから自社でまかなわなくてもよいのならこんなに企業にとって負担のかからないスタイルはないです。入っては辞め、入っては辞めの営業の世界でここに労力をかけるよりプロフェッショナルに任せて製造、品質管理などに注力でき合理的です。

プロにお任せあなたの会社の営業

無理しなくてもこの道10年、20年のプロフェッショナルに任せれば少なくとも今学校を出てきたばかりの人間とは比べるべきもないスキルの差です。アウトソーシング先も営業以外のことには一切構わずただひたすら実績を直線的に求めるきわめてアグレッシブな戦闘員の集団になる訳です。妙な上司との関係とか、営業以外のつまらないいざこざも無関係です。昇進、人事異動、夜の付き合い、様々な雑務から無縁の純粋な営業部隊が発注会社の成績を上げることは間違いありません

営業代行のメリットとは、外部の営業のプロ集団に任せる事で、自社は研究開発に専念することができる点にあります。

個人でも預けやすい!倉庫の進化を確かめてみましょう

個人用倉庫に大きな物を預ける事も可能です

自宅の中に荷物を置く場所が無かったり、整理整頓が面倒臭いと感じた際には、個人用の倉庫を利用してみましょう。かなり多くの荷物を預けておく事も可能で、人によっては大型家電をいくつも預けています。その家電を使う季節になったら、倉庫から自宅まで持ち運ぶというだけで、自宅の収納スペースを広々と使う事もできますよ。収納スペースが広い家を購入するよりも、個人用倉庫を借りて収納スペースを確保した方が安上がりだと考える人も多いです。

楽器を預けられるような快適な環境

湿度に弱い楽器を保存しておきたいけれど、室内の湿度管理が大変で困っている人は、湿度管理まで徹底した倉庫を利用してみてください。いつも一定の湿度に保たれるように調整されているために、楽器や精密機器などの湿度に弱いものであっても、気軽に預ける事ができますよ。自宅で湿度管理を行おうとすると、電気代や設備投資が気になってしまいますが、倉庫なら格安で済ませる事が可能です。機能性に優れた倉庫を一度は探してみましょう。

自動車で荷物を運び出しやすい倉庫

倉庫に荷物を預けるのは良いけれど、荷物の持ち運びが面倒臭そうだと感じている人は、どれだけ荷物を運搬しやすい倉庫なのか比較してみましょう。近年では個人用倉庫の入り口まで自動車やバイク移動させて、そのまま荷物を積み込めるようにしてくれている倉庫も珍しくありません。トランクに簡単に荷物を入れられるからこそ、力に自信が無い人であっても倉庫を使いやすくなりますよ。自宅から出かけるついでに、倉庫に預けたゴルフバッグを取りに行くといった使い方もできます。

物流とは物的流通の略です。物を消費者へ渡すことで、それを担う様々な業者があります。調達・販売・社内・返品など目的に応じて領域が分けられています。

牛肉偽装の不正行為を止めた社長の倉庫会社は

狂牛病騒ぎが起きていた当時

狂牛病問題で、国が国民を守るため、牛肉の一斉廃棄を指示したことがありました。その廃棄手続きで不正行為をした大手会社に、自社の倉庫を偽装作業の場に使われた社長が、偽装に抗議しました。でも聞き入れられず、やむなく告発して、不正が発覚したという事件があります。社長の倉庫会社はその後廃業に追い込まれましたが、消費者団体が社長の倉庫を使うよう動いたこともあり、現在、会社は再建されています。良かった良かった。

一連の経緯は映画にも

社長がいなかったら、偽装は延々続き、発覚もしなかったでしょう。社長のおかげで、国民が被らずに済んだ被害額は計り知れません。人々はみな、社長の行動に拍手喝さいしていました。その事件の影響で、社長の倉庫会社は倒産しましたが、こうして、事件前の7割程度の規模に戻って再建されているのはうれしいことですね。正義は勝つ、といった感じで。一連の経緯は映画にもなっています。そりゃあ映画にしたくもなりますよ。ヒーロー誕生でしょう。

社長がいてくれた奇跡

社長のような方がいた、ってことに感動ですね。内部告発者保護法も、まだなかった時代なんですよ。そういう人を守らなきゃっていう認識のない時代だった。社長は社員たちのことをすごく気にかけていて、再建後はまた一緒に仕事ができるようになってほんとに良かったなあって思います。ご子息は会社倒産後に大学をやめて、会社再建にまい進していました。父親も子供の行動も尊敬していましたよ。親子ですねえ。親子って似るものですね。

3PLとは、サード・パーティ・ロジスティクスと言い、荷物の保管や配送そして物流全体を運営会社に一括把握してもらうことで物流コストの削減、ムダの低減や誤出荷を防ぎ改善することが出来ます。

引越の片付けを効率的に行おう!重要な点は何か?

片付けに時間がかかる理由とは

引越の片付けが終わるまでに何ヶ月もかかってしまうことは珍しくありません。いつまでもダンボールが山積みになっていても、生活するのには困らないからと考えてしまうこともよくあります。しかし、それだけ新居のスペースが無駄になっていることを考えて片付けを速やかに終わらせましょう。引越の片付けに時間がかかる理由はどのダンボールの中に何が入っているのかがわからなくなってしまっているからである場合がほとんどです。

何よりも大切なパッキング

引越の片付けを速やかに終わらせるためにはパッキングの時点で工夫をしておくことが大切です。早く引越準備を終わらせたいと考えて、適当にダンボールに必要なものを詰め込んでしまいがちですよね。しかし、そこで工夫をして何がどこに入っているのかを明確にしておくと片付けが楽になります。新居での生活を考えて、どこで何が必要かを明確にして分類をしてからダンボールに詰め込むようにすると効率的に片付けをしていくことができるでしょう。

ラベルの工夫で効率的な片付け

ダンボールに詰め込むときにはラベルが重要です。パッキングの際に何も目印がなくては開けてみてから判断することになります。しかし、引越をした時点で必要な場所にダンボールを運び込んであれば労力が軽減されるでしょう。予め部屋のどこに置くダンボールかをラベルで明確にして、中身もリストアップしておくようにするのが重要です。ダンボールの中身をよく整理してラベルを貼っておくという工夫をするだけで片付けはとても楽になります。

不用品の回収を依頼するにあたり、信頼のおける業者の実績や料金体系を比較することが大きなポイントです。

企業規模は関係ない!駆け出し企業でも有効な営業代行

アウトソーシングのイメージは?

社内リソースを製品開発に集中させたいので営業と顧客窓口を外注し、それによってサービスの充実や人件費の圧縮などの効果を得るというのが想像できる一般的なアウトソーシングの形ではないでしょうか。そして、人件費の圧縮という部分から、そこそこの規模の会社が利用するもの、といったイメージもありませんか。しかし、実際にはそんなことはなく、製品開発が終了しこれから売りだしていくベンチャー起業にとっても有用なのです。

営業代行の一番の強みは費用圧縮ではない

どうして始動し始めたばかりのベンチャーでも営業代行が有効なのでしょうか。それは商品の告知とそれが浸透するまでには多くの人員によって迅速に行うのが一番効果的だからです。最低限の人員で立ち上げた会社では、営業に割り振れるのもその人数を超えることはありません。全員で商品開発をしているのに、営業も並行してというのは難しいのではないのでしょうか。そこで営業代行会社を挟むことによって、開発や改良の手を疎かにすることなく商品を売り出すことができるようになるのです。

そのときに必要な営業リソースを適切に利用できる

販売開始時のメリットは以上の通りですが、営業代行サービスのメリットはそれ以降にもあるのです。自社の商品サービスが軌道に載って、それほど営業に力を入れなくてもよくなった場合に、簡単に営業規模を縮小できるのです。もしも、無理をして自社で人を雇い入れた場合、仕事が減ったから辞めてくれとはいかないのですが、営業代行の場合はそれが可能なのですね。逆に、再び人員が必要になった場合の増加もスムーズに行うことができますから、必要なときにすぐ営業が揃うということになるのです。

近年流行している営業代行とは、営業部門を外部のプロ集団に任せ、自社は営業以外の業務に集中する事ができることです。